コーヒーグラスの応用。

コーヒーグラスは、アイスコーヒーやコーヒーゼリー、デザートドリンクを楽しむ際に使うと、グラスの透明感がコーヒー液をクリアに演出するので大変綺麗に見えます。

また、コーヒーは、容器の素材によって味や香りの演出を変えるので、普段から飲むホットコーヒーでもコーヒーグラスを利用するという方も珍しくないです。例えば、陶器は舌触り・口当たりがまろやかでクリーミーに感じ、他の素材に比べて苦味が強く感じやすいです。銅や鉄素材の場合は、鉄の芳香が強く出るので、酸味が前に出てしまい、好みが分かれますが、熱伝導が良く、冷めにくいのでアウトドア用品には向いています。

そして、コーヒーグラスのようなガラス素材は、陶器素材に比べて香りと味の色艶がクリアに演出され、全体的に濁りがないのでサーバーやドリッパー、その他のコーヒー器具に最も使われる素材ですが、衝撃に弱いのが欠点です。また、陶器は、陶器の色によって味と香りに違いが出ます。白色は最も苦味が強く感じますが、コクのバランスが中庸で、最も標準的な味わいに感じます。

反対色の黒い陶器素材のカップで飲む場合、香りが感じづらい代わりに苦味にキレがあります。普段に使用する際、標準的な仕上がりを求めるなら白の陶器かコーヒーグラスを踏まえてガラス素材で統一すると、見た目から味、香りの仕上がりまで中庸が取れた完成度で楽しむことができます。最近では、ドリッパーとサーバーが一体化したコーヒーグラスと同じく、ガラス素材で統一された器具も登場しています。
オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *