ドリップコーヒーのおいしい淹れ方について

ドリップコーヒーを自宅で淹れてる方はたくさんいらっしゃると思いますが、カフェのような雑味のない香り豊かなドリップコーヒーも、淹れ方の工夫次第で自宅味わうことができます。

ドリップペーパーを使用する場合には、まずドリッパーへのペーパーのセッティングにもこだわりましょう。十分なコクを引き出すため、ペーパーを2枚重ねにします。そうすることで、ドリッパーの中でお湯がとどまり、ゆっくりとコーヒーを抽出することができます。次に、まんべんなくお湯でペーパーを濡らします。そしてお湯を捨てたら、30g(2カップ分)のコーヒー豆を入れ、タンバーを使ってコーヒー豆を圧縮します。

コーヒー豆を圧縮することで、目詰まりが生じ、ゆっくりとコーヒーを抽出させることができます。コーヒー豆を十分に圧縮したら、熱湯をコーヒー豆全体にそそぎ、30秒程度蒸らします。このとき、お湯を注ぎすぎないように注意してください。蒸らす段階ではお湯はコーヒーの表面からじっくりとしみこんでいくように注ぐのがポイントです。蒸らし終わったら、コーヒーポットを使ってゆっくりとコーヒー豆の中心部で円を描くようにお湯を注ぎます。

一度に大量のお湯を注いでしまうとドリッパーのふちをお湯が流れて行ってしまい、十分にコーヒーが抽出できないので注意してください。質の良い、新鮮なコーヒー豆だとお湯を注ぐとコーヒー豆がパンの生地が発酵するように膨らんでいきます。この方法でコーヒーを入れると、雑味がなくコクがありながらすっきりとした味わいのドリップコーヒーを楽しむことができます。ぜひ一度お試しください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *