初心者向けのドリップコーヒー

ドリップコーヒーは上からお湯を注いで粉を通過させて抽出したコーヒーのことです。

手でお湯を注ぐハンドドリップも機械でお湯を落とすものもドリップコーヒーとなります。初心者向けなのはハンドドリップの中で最も手軽なペーパードリップです。使い捨てのパーパーフィルターを使うため器具の手入れが簡単です。必要なものはドリッパーとペーパーフィルターです。一杯分だけつくるときはカップに直接注げばよく、何杯分かつくるときにはサーバーを用意します。

細口のドリップポットがあればさらにおいしく淹れられます。ペーパーフィルターには色のついているものといないものがあります。色のついていない「無漂白」のもの(みさらし)は木あるいは紙のにおいがコーヒーに移りやすくなります。それを避けるには色のついていない「漂白」のフィルターを選びます。最近の漂白は酸素で行われていることが多いです。ドリップコーヒーをおいしく淹れるには、お湯は90度前後のものを使います。沸騰させてから火を止め表面が静かになったものが適温です。道具も温めておきます。

ドリッパーにコーヒーの粉を入れたらゆすって平にしておきます。お湯を注ぐときは蒸らしと抽出の二回に分けるとおいしくなります。お湯は勢いよく注がない、フィルターではなくコーヒーの粉に注ぐようにするといった点に注意すると雑味が混ざりにくくなります。またコーヒーの最初の一滴はいちばんおいしいので入れますが、最後の一滴は雑味が混ざるのでカップやサーバーに落とさないようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *