ドリップコーヒーの長所と短所

コーヒー通の方の多くはドリップコーヒーを主に飲んでいます。

また現在では本格的なコーヒーショップが増加していますので、それまで興味のなかった方でもドリップコーヒーを楽しむようになってきています。しかしドリップコーヒーには長所もありますが短所もありますので、それらを把握しておくことが重要なポイントになります。まず長所についてですが、こちらは豆の持つ本来の香りや味を楽しむ事が可能になる点が挙げられます。これはインスタントコーヒーでは味わえない魅力で、芳醇な香りや深い味わいを楽しむ為には豆を挽いてその場で淹れる必要があります。

インスタントコーヒーはその製造過程で乾燥させる必要がありますので、風味などが損なわれてしまいます。しかしドリップコーヒーの場合は生の豆を挽いてその場で作りますので、豊かな香りなどを楽しむ事が可能になっています。ただし、その点が短所に繋がっています。と言うのも、挽いた豆は基本的に再利用はできません。消臭剤の代わりなどには使えますが、それほど大量には使いませんし日常的に飲んでいる場合はゴミになってしまう量の方が多くなります。また、フィルターなどの消耗品のコストも短所になります。

特にペーパードリップの場合は、フィルターは使い捨てになります。なのでコストパフォーマンスで考えるとデメリットが大きくなります。さらに抽出器具の用意やスペースの問題もありますので、強いこだわりを持っていない方には向いているとは言えなくなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *