ドリップコーヒー独自のメリットとデメリットについて

現在では様々なコーヒーショップが全国展開していますし、インスタントコーヒーや缶コーヒーも様々な種類のものが市販されています。

このことから多くの方がコーヒーを楽しんでいますし、最近ではカフェインレスのコーヒーもありますので子供や高齢者の方でもコーヒーを飲むようになっています。しかし、コーヒーに強いこだわりを持っている方などはドリップコーヒーを好んで飲んでいます。これはドリップコーヒーの持つメリットが理由になっていますが、同時にデメリットがある事を理解しておく必要があります。まずドリップコーヒーの持つメリットについてですが、こちらは芳醇な香りや深い味わいなどが挙げられます。

基本的にインスタントコーヒーは製造過程で乾燥させますので、その時に味や香りが損なわれてしまいます。なのでどれだけ高級な豆を使用していたとしても、乾燥させる必要のあるインスタントコーヒーでは本来の香りや味を楽しむ事ができなくなっています。しかし、ドリップコーヒーの場合は、乾燥と言う工程がありませんので、豆の持つ本来の香りや味を楽しむ事が可能になっています。ただし、その事がデメリットにも繋がっています。

基本的に、ドリップコーヒーは豆を挽いたその場で作ります。なので香りや味を楽しむ事ができるのですが、挽いた豆や抽出に使用したフィルターなどがゴミになってしまいます。これはコスト面でも大きな問題になっていますし、後片付けの手間にもなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *