ドリップコーヒーのいれ方

ドリップコーヒーは抽出器の種類でさまざまないれ方があります。

家庭で簡単に手軽に出来るのはペーパードリップ法です。ペーパードリップ法はネルドリップを簡単にしたものでコーヒーの持ち味を素直に引き出すことが出来ます。ドリップコーヒーに必要な道具としては、ドリッパー、ペーパーフィルター、ポットです。ドリッパーは陶器製で内側の線のはっきりしたものが良いとされています。ポットは湯量の調節しやすい鶴口のコーヒー用のものがおすすめです。まず、ドリッパーにフィルターをセットします。フィルターの折り代を折って座りをよくします。ドリッパーにフィルターをセットし、その後に密着させるためにお湯を差す人がいますが、これは間違いと言えます。

ドリッパーにペーパーがくっつきすぎて空気の逃げ場がなくなりよい蒸らしが出来なくなります。次にコーヒー粉を入れて平らにならします。平らでないと湯が偏って成分が均等に抽出されません。1回目の注湯をします。82~83℃に調整した湯を粉全体に細く絞って注いでいきわたらせます。下のサーバーに数滴落ちるくらいで止め、20~30秒蒸らします。充分に蒸らすことが出来れば粉に湯が浸透してふんわり膨らんで、苦み・香りなどを上手く引き出せる濾過層が出来ます。2回目の注湯をします。中央から外へのの字を描くように注ぎます。コーヒーの縁を崩すのは厳禁で、濾過層が崩れ雑味が出る原因となります。3回目の注湯をします。すべて落ちきってからでなく、中ほどまで落ちたくらいで注ぎ足します。4~5回の注湯で予定の量に達したら、湯がドリッパーに残っていてもサーバーから外して抽出を終えます。ドリップコーヒーを美味しくいれるにはいくつかポイントがありますが、ちょっと気を使うことでぐんと美味しく、コーヒーの持ち味をひきだすことが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *