レギュラーコーヒーのおいしい淹れ方

自宅で飲むレギュラーコーヒーは、淹れ方を工夫することで、カフェで飲むようなおいしい味にすることができます。

ポイントとなるのが時間とお湯の量です。まず、レギュラーコーヒーをドリッパーに適量入れ、お湯をかけるわけですが、この時お湯の量は少しずつ入れていくようにすることがポイントになります。目安としては、レギュラーコーヒーがお湯を含んで膨らんでいきますので、十分膨らんだように見えた時にお湯を入れるのをやめることがポイントです。その後は、30秒ほどそのままにしておきましょう。そうして蒸らすことで、レギュラーコーヒーにまんべんなくお湯が行き渡りますから、味がちょうど良くなります。蒸らす作業は、おいしいコーヒーにするための基本になりますので、忘れずに実行しましょう。

蒸らした後は、またゆっくりとお湯を継ぎ足していくわけですが、この時注意しなければならないことは、お湯を大量に入れすぎないということです。いっぺんにお湯を継ぎ足しますと、コーヒーの味が薄くなってしまい、せっかくのコーヒーが台無しになってしまいます。ですから、お湯を継ぎ足すときは、ゆっくりと入れるようにすることが大切です。レギュラーコーヒーをおいしく飲むためには、蒸らし時間とお湯の入れ方がポイントになりますので、やかんからお湯を入れる練習をすることもコツのひとつになります。このようにコーヒーの淹れ方をマスターすれば、毎日おいしいコーヒーを飲むことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *