レギュラーコーヒー、どれくらい知っていますか

世界中で飲まれているコーヒー、それだけに、世界中で栽培されています。コーヒー専門店に行くと、レギュラーコーヒー用のコーヒー豆が、生産地ごとに並んでいます。コーヒーは生産地がブランド化していて、国や産地の名前が並んでいて、世界地図の勉強にプラスになります。コーヒーで有名な産地といえば、真っ先に思い当たるのが南米です。

世界のコーヒー生産量の約30%をブラジル産が占めています。生産量第二位のコロンビア、ベネズエラ、エクアドルなど、コーヒーは南米で広く栽培されています。中米はコーヒーの最高峰、ジャマイカのブルーマウンテンをはじめ、高地産の香り豊かな高級銘柄を多く産出しています。意外ですが、メキシコは世界第4位の生産国です。

中東やアフリカもコーヒーの栽培が盛んです。コーヒー発祥の地としてエチオピアは知られていますが、タンザニア、ケニアでもコーヒーが生産されています。アフリカコーヒーの代表、キリマンジャロは名前の通り、キリマンジャロの山地で栽培されます。強い香りとしっかりとしたコクに、さわやかな酸味が加わります。

ミルクや砂糖を入れてもおいしく、レギュラーコーヒーだけでなく、エスプレッソやアレンジコーヒーに使われます。アジアでもコーヒーが栽培されています。インドネシアはマンデリンやトラジャなどの高級銘柄のコーヒーが栽培されています。アメリカ合衆国のハワイでコーヒーが栽培されています。

ハワイのコナコーヒーは有名です。アジアでもう1カ国コーヒー栽培が盛んな国として、ベトナムがあります。ベトナムのコーヒーは強い苦味とコクが特徴です。レギュラーコーヒーだけでなくインスタントコーヒーの原料にもなっています。

オフィスコーヒーのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *