レギュラーコーヒーは生きものです

コーヒーサーバーの普及で、家庭でレギュラーコーヒーが手軽に飲めるようになりました。しかし、街のコーヒーショップや喫茶店で飲むコーヒーと、少しだけ差を感じるときがありませんか。お店はコーヒーのプロで自分は素人の差、といえばそれまでですが、その差の原因の大部分は、コーヒー豆の管理にあります。豆は生きています。

煎ってしまったコーヒー豆は、常温の状態で保存しても、2週間ほどで味は変化するといわれています。コーヒーの特徴ですが、酸化するのです。煎った豆をコーヒーミルなどで挽いてしまうと、酸化がさらに早く進行します。少々手間はかかりますが、自宅でもおいしいレギュラーコーヒーを飲みたいのなら、ます、お客さんが多くて、よく売れているコーヒー専門店を選びましょう。

そこの商品は回転がよく、常に新しい豆が補充されています。そこで買ってきた豆は、湿気の少ない場所で保管します。コーヒーの入った袋を、さらに、ビニール袋に入れて密封性の高いコーヒー缶で保管しましょう。次に大切になるのが、水です。

水道水を使うときは、簡易式でよいのでろ過しましょう。水道水に含まれる不純物は除去されます。後は、お水を完全に沸騰させることです。その熱湯をそのまま使うのでなく、30秒ほど経って、コーヒーの抽出に最適な温度、90度前後になった時に、注ぐことが大事です。

やはり、機能性の高いコーヒーサーバーを使うと器械が最善の抽出方法を選択してくれるので、サーバーの使用は便利です。こんな点を注意すれば、家庭でレギュラーコーヒーがもっと美味しく飲めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *