デカフェとは何なのか

デカフェといった言葉を聞いた事はあるものの、それが一体どういったものであるかまでは分からないといった方も多いと言えます。デカフェとは、飲食物からカフェインを取り除いた状態のものを指します。所謂、カフェインレスやカフェインフリーといったものであり、現在では多くの飲食物にこのデカフェが行われており、それらが市場にて販売されていると言えます。一般的には、コーヒーなどのカフェインを抜いたものなどを表す場合に多く使われる言葉ではありますが、その他にも炭酸飲料やお茶などにも該当します。

しかし特にデカフェが行われているものとしては、コーヒーが挙げられると言えます。世界で生産されているコーヒー全体のおよそ10%がこのカフェインを抜いたものであり、健康の観点と言った事や妊娠中にカフェインの摂取を避けたいと考える妊婦などに好まれて愛飲されているといった背景があります。歴史としては、1819年に、ドイツでコーヒーからカフェインを抜くといった製法に成功した事がきっかけとなり、現在に至ります。どちらかと言うと、日本よりも欧米諸国において人気があるものであり、欧米諸国ではこのデカフェを生産する際には、それに適したカフェイン含量といったものも明確に定められています。

しかし日本においては、未だにその様な明確な基準は確立されておらず、基本的には欧米諸国から輸入されてきたものをそのまま使用しているといった状況であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *