工務店に連絡してから、実際に雨漏りの修理が行なわれるまでは、工事がいつ完了するのかは未知数です。木造建築の一戸建てに住んでいると、少しでも早く解決したいのが雨漏りですが、工務店の提示する日程がゆっくりに感じられても、まずは質問と相談で落ち着きましょう。日程を急かしてしてまうと、安易な工事になってしまう危険性も出てきます。屋根に問題が発生している場合は、応急処置も大切ですが、本格的に正確な修理を行なうのも大切です。

基本的に雨漏りの修理には二週間の日程を見込んでおきましょう。作業日が二週間掛かってしまうのではなく、連絡してから工事が完了するまでの日程が、約二週間という意味です。二週間の間に、雨の降らない日が連続して三日以上あれば、スムーズに完了する場合もあります。一度目の雨漏りの修理を終えてから、次に雨が降って雨漏りしないか再確認するのも大切です。

工務店は多忙を極めている場合も多いのですが、屋外の作業が雨天で中止や延期になってしまうと時間に余裕が生まれます。雨漏りの修理は雨が降っていないタイミングですが、雨漏りのチェックは雨が降っている日のほうが好都合です。雨漏りの状況が確認できれば、天候次第です。コーキングで雨が入らないように施工する作業だけで済ませられると判断されれば、作業日程そのものは半日程度で完了します。

雨漏りの修理で二週間の日程を見込んでおきたいのは、天候次第で作業予定日が変更されるのを含めて、ストレスなく対応してもらうためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です