雨の多い時期や、ゲリラ雷雨などの大雨の際に雨漏りし始めたという方いらっしゃると思います。実はその雨漏りは最近ではなく以前からしていた物かもしれません。屋根が原因で発生する雨漏りは大体発生する箇所は予想が付くものが多く、工事業者などに依頼しても大体屋根の形状を見ると検討が付くものが多いです。雨漏りの原因の多くは、谷と呼ばれる箇所で、その谷に使用してある板金に穴が開き雨漏りしているケースが非常に多いです。

その板金の多くは銅板と呼ばれる少し前に建られた家の谷部分によく使われていた材質の物が多く、酸性雨などによって錆び、板金が薄くなって最終的には穴が開きます。家の屋根にはルーフィングであったり、以前はフェルトと呼ばれる壁の防水シートなどに使用されていた下地材を貼っているため、穴が空いてすぐはその下地材を伝い屋根の外に流れ出ます。その為、気付かない場合も多く、たまたま大雨の際に雨量が多く部屋内に雨が進入して気付く事があります。その場合には、屋根板など腐食が進んでいる場合も多く、一時的な補修であれば素人でも出来なくはありませんが、一時的な補修ではすぐ他の箇所に穴が空くことがあります。

専門の業者に依頼すると、費用は掛かりますが確実に修理してもらえますし、穴が空いている谷は取り替えてもらえます。取り替える事で、穴が空きにくい材質の物になり安心して生活を送ることが出来ますし、自分で修理する事がないので安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です