雨漏りは、頻繁に見られる現象です。もし、少しでも雨が漏っていることに気づいたら、速やかに修理すべきです。雨が入ってくるのは、主に屋根が多いです。屋根以外にも、外壁、ベランダなどから侵入いたします。

その部位から、どこかを経由して天井に達して漏ってくるのです。つまり、雨水が通過する柱や壁なども、雨で濡れてしまうのです。ということは、その部分が腐食してくる危険性もあります。脆弱化して、たとえば地震に耐えられない状態になってしまうのです。

ほかにも、懸念されることがあります。雨漏りは、シロアリを発生させる原因になるのです。シロアリは何でも食べてしまう性質を持っています。このシロアリは湿気の多いところが大好きなのです。

雨が漏ったことによって水分がたまり、木部を腐らせる菌がうようよと繁殖しているような場所は、シロアリが好んで住みたがるものです。もし、土台や柱などの部分がシロアリに食われると、家屋倒壊の恐れが生じてきます。さらに、雨漏りが怖いのは、居住者の健康への被害です。屋根から回ってきた雨が漏れて、壁や天井裏に湿気がこもってしまうと、カビが発生します。

このカビが、アレルギーや喘息を引き起こすきっかけとなるのです。日常的に食事や運動などによって健康に神経を使っていても、家の中が湿気に満ちていたのでは、健康被害のリスクは避けられません。何よりも、雨が降るごとに雨漏りしていたのでは、精神面でもストレスが蓄積していきます。一緒に住む家族の健康を守るためにも、少しでも雨が漏れば、すぐに対処する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です