何らかの異物により詰まりが発生することで、結果として別の場所に負荷が大きくかかり水漏れになることがあります。またパッキンの部分などに負荷がかかりやすくなることもあり、パッキンが割れたりひびが入ったりして、そこからも問題になったりすることがあるので、詰まりだけではなく他の箇所の問題とりわけ水漏れの問題をクリアできるように、総じて見てもらうようにします。手慣れている業者であれば一連の水の流れを把握し、問題が他にないかどうかもチェックを行うので、それほど心配する必要はないです。水道を専門に手掛ける業者であれば、水の流れスムーズにいっているかどうかとさらに依頼者に対して気になる点が他にないかどうかも聞いてくるものです。

この問いかけで総じて問題となっている箇所を把握していきます。詰まりの部分だけではない漏れている箇所もしっかりと把握することで、問題が大きく広がらないようにすることに繋がります。また業者の問題ではありますが、いったん修理が終わっているのにまた呼び出されたりすると、時間の無駄であることと依頼者からのクレームになりかねず、確実かつ完全な問題解消を目指すことがポイントです。まずは問題となっている箇所の状態のチェックから始まり、その部分の修繕を目指します。

さらに水の流れを確認し、問題がないかどうかを聞き取りも含めて確認し、一連の作業を終わります。依頼者はその作業の邪魔にならないようにするとともに、必要な声かけも怠らないようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です