蛇口の締まりが悪くなってくると、ぽたぽたと水が漏れだすようになります。多くの人が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。というのは、どんな家でも起こりうることだからです。ほとんど場合、蛇口の水漏れの原因となるのが、ゴムパッキンの劣化です。

蛇口を分解していくと、いくつものゴムでできたパッキンが出てきます。こんもゴムパッキンで隙間を埋めて、水が漏れないようにしているわけです。水圧というのは想像以上に大きく、ナットをいくらきつく締めても、ゴムパッキンがないと水の勢いを完全に止めることはできません。ところで、ゴムは経年劣化を起こします。

時間が経過すると弾力を失って硬くなってしまい、ひび割れてきることもあります。そうなると、隙間を埋めることができなくなり、水が漏れてくるわけです。こうなると交換するしか手はありません。幸いなことに、ホームセンターなどに行けば、1つ数十円で売っています。

種類を間違わないように勝ってくれば、DIYで修理することもそれほど難しいことではありません。ただDIYで修理する場合は最低限の工具をもっていないとできません。必ず必要となるのがモンキーレンチかウォーターポンププライヤーです。ナットを緩めるときに使います。

これがあれば何とかなります。ドライバーが必要になることもありますが、それほど高い工具ではありません。100均でも売っています。自分で修理が無理だと判断したら、すぐに専門の業者を呼ぶ必要があります。

修理費用は1万円以内で収まりますが、自分で行えば数十円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です