水道のトラブルは大きく分けて水漏れとつまりの二種類ですが、水道管が詰まったときに行き場をなくした水が逆流して水漏れするなど、一つのトラブルが別の事故の原因になってしまうこともあります。自転車のパンクを見つけるときに水の中にタイヤチューブを入れるとパンク場所がわかるように、水は目に見えない小さな隙間があればそこから通っていくことができ、壁の内側や床下などに漏れてしまえば見つけることも困難です。一方、水を出すときに蛇口周辺からの小さな漏水は、締め方不足やパッキンの劣化などが考えられますが、修理は目に見える場所だけの対症療法は危険です。蛇口をしめれば水が来なくなるので漏水は止まりますが、根本の原因を特定しなければ水を流せば再発するし、蛇口を占めている間は目に見えるほどの量でなくても、少しずつ染み出すように漏れ続けることがあります。

時間をかけて流れ出る漏水は、外出中や寝ている間に被害を拡大することがあるので、原因を特定するまでは一時的に水をふき取っても安心できません。水回りの修理業者は24時間出張対応している会社もあるので、できる限り早い対応がおすすめです。漏水が壁の内側や床下など、目に見えない場所に進むと金属のさびや腐食などで建物自体の傷みを早める場合もあるし、ホンや荷物を濡らしてしまったり、マンションの階下に水が流れるなど、被害拡大のシナリオは深刻です。修理業者が24時間対応しているのは特に水回りが多く、それだけ重要な設備です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です